電車の中が・・・?

こんばんは月

 

今日は暖かく
快晴なゴールドコーストでしたやじるし

 

朝から打ち合わせが続き
1日中自転車で移動しましたが

風も気持よく
サイクリングにバッチリな気候ヤシ

 

さて、、

 

今日は数日前トラムの中で
『日本と違うな~!』と感じた

 

オーストラリアらしい
出来事についてお話しますねオーストラリア

 

先週末はこちらで
『インディカーレース』という

 

公道をサーキット会場に変えて
レースを行うイベントがあって

 

たくさんの人たちが
会場へ足を運んでおられました歩く

 

日本にいる車好きの友人たちに
すっっごく非難されそうですが

 

私は車に全く興味がないので
『近くに行ってもうるさいし』

 

と、行きませんでした・・・・・・・2

 

私はその当日、会場近くで
ショッピングを楽しんでいたので

 

帰りのトラムで
レースの帰りの人たちと鉢合わせ

 

トラムの駅がゴールドコーストと
思えないほどごった返してました汗

 

(いつもはスッカスカです)

 

※トラムはゴールドコーストで
最近開通した路面電車のことです。

 

トラム
24:10:2015:2

 

 

 

 

 

 

 

すっごい混みようで
いくつか電車を見送ったのですが

 

待っても、待っても
どの便もギュウギュウ詰めなので

 

仕方なく、乗りました汗

 

福岡って公共機関が
超満員になることがほぼないので

 

慣れないせいもあって
乗り込むときはかなり憂鬱でした汗

 

が・・・!

 

トラム内に入った瞬間
ギュウギュウ詰めの人の中から

 

『Welcome to our party!』
(私たちのパーティへようこそ!)

 

と、ドデかいおじさんの声驚き

 

私も含め、その駅から乗った
全員に挨拶&握手をしてきましたらぶ

 

そこからおじさんの
下世話な話が、続くこと続くことsei

 

『I need to sober up before I
get home because my wife・・』

(家につく前に酔いを覚まさなきゃ!
なぜなら俺の嫁がなんちゃら・・)

 

とか・・

 

あまりにも下世話な内容過ぎて
具体的にここで書きたくないですが

 

まーそのおじさんの
話のオチが来ると乗客全員が大笑いびっくりまーく

 

トラムは日本と同じように
いくつかの車両に分かれているので

 

一つの車両に推定40人は
ギュウギュウに詰まっていたけれど

 

その人数が『ワハハハ!』
と、車両内で笑うの想像できますかはてな

 

最初は、目が点でしたポカン

 

でもだんだんトラムの中が
お笑い会場に化しているのにウケて

 

おじさんの下世話なジョークも
おもしろくなってきてしまいましたうふふ・・・

 

なんか、しかも
オーストラリアって平和だなぁ・・

 

と、じんわり四つ葉

 

ギュウギュウの電車の中
シーンとして目的地に辿り着くより

 

こうしてみんなで
ワイワイ言ってた方が全然楽しいし

 

なんと言っても、ハンパない一体感嬉しいw

 

『See ya,guys!
Thanks for a fantastic evening!』

(じゃあね、みんな!
素敵な夕方をありがとよっ!)

 

と、おじさんは終着駅の
一つ手前の駅で降りてったんですが

 

『See ya,man!
Have a wonderful night!』

(じゃあね!
素敵な夜を過ごしてね!)

 

なんて挨拶をしながら
みんなでおじさんを見送っていました88

 

オーストラリアの
こういうところ、本当に大好きうふふ・・・

 

まさに・・・
『人類みな友達』とはこういうことぴかっ!

 

アジア人の私にも
隣にいたヨーロピアンの男の子にも

 

みーんなに『HI!』
と、話しかけてくるフレンドリーさおんぷ

 

オーストラリアで生活していると
彼らの陽気さに元気づけられますヤシ

 

素敵な出来事でしたキラキラ

 

Have a great nightはあ-と