ゴールドコーストについて

head

15421

ゴールドコーストは『365日のうち300日が晴れ』と言われるほど天候に恵まれ、また1年を通して気候も穏やかで夏は暑すぎず冬は寒すぎず、とても過ごしやすい地域です。

クイーンズランド州東南部、州都ブリスベンの南70kmに位置し、オーストラリア最大の観光保養地として世界的に有名なゴールドコーストは、亜熱帯性気候でサーフィンの適地でもあるため、国内および海外の観光客が多く訪れています。

人口40万、オーストラリアで7番目に大きな都市で、42kmに及ぶ美しいビーチが続くゴールドコーストの中心地は、サーファーズパラダイスと
いう町でここを中心に南北へ、ショッピングセンターやテーマパークまた
マリンアクティビティなどの観光スポットが延びているのです。

ゴールドコーストを訪れたらまず、太陽の光りが降り注ぐビーチ沿いに行き
キュッキュッと音を立てる鳴き砂を歩いてみましょう!

また移民が多いため人種差別などもほとんどなく、留学生にとっては快適
に過ごせる町でしょう。

ゴールドコーストの気候表

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年間
平均最高気温
(°C)
28.5 28.3 27.6 25.9 23.3 21.2 20.6 21.4 23.3 25.2 26.7 28.1 25.0
平均最低気温
(°C)
20.3 20.5 19.2 16.5 13.4 10.6 9.2 9.8 12.1 15.0 17.4 19.2 15.3
平均降雨量
(mm)
175.3 190.0 202.0 135.8 131.5 93.0 74.6 55.8 57.9 86.70 103.8 132.1 1428.6
平均降雨日数 12.7 13.3 15.2 11.4 10.1 7.5 7.0 6.9 7.3 8.9 10.0 11.2 121.5

 

● サーファーズパラダイス

gc3ゴールドコーストの中心「サーファーズパラダイス」
ホテルをはじめとする宿泊施設やおしゃれなカフェ、ショップなどがたくさんあり、世界各地からの観光客で年間を通して賑わっています。
ビーチの目の前にある町なので、景色も美しく、とても開放感に溢れております。
夏になると多くの人が水着のまま町の中心地を通り、海へ向かって行きます。

● ショッピング

main2サーファーズパラダイスのカビルモールを始め、パシフィックフェア、オーストラリアフェア、ハーバータウン、ロビーナタウンなど各所にショッピングセンターがあり、定番のお土産屋さん、UGGショップ、ブランドショップはもちろん、サーフブランドの洋服や小物なども充実しています。
オーストラリアでお気に入りのお店を、見つけましょう!

● バイロンベイ

gaゴールドコーストの南に位置するバイロンベイは人口5000人程の小さな町ですが、サーファー、アーティスト等が多く住んでおり、自由でおしゃれな雰囲気に溢れています。
オーストラリア最大の灯台のある場所から岬の方へ降りて行くと、オーストラリアの最東端にたどり着くことができ、そこから高確率でクジラが潮を噴く姿やイルカがジャンプしている姿、ウミガメの泳いでいる姿などが見れるスポットです。

● テーマパーク

gaシーワールド、ムービーワールド、ドリームワールドなどの遊園地やウェットンワイルドという大きなプール施設、カランビン動物園などなど、遊戯施設もたくさんあります。
動物園では野放しになっている野生のカンガルーに餌をあげたり、コアラを抱っこしたりできますので、思う存分オーストラリアを満喫しましょう。
『3つの施設行き放題』なんていう年間パスも、あります。

● 食べ物

ga日本で有名なオージービーフだけでなく、直径10cm程のミートパイ、白身魚のフライとフライドポテトがワンプレートで出てくるフィッシュ&チップス、マンゴーやパパイヤなどのトロピカルフルーツなど、美味しい食べ物がたくさんあります。
またオーストラリアは移住者がとても多い国なので、日本食はもちろん、ブラジルやインドなど日本ではあまり馴染みのない国の料理が本格的な味で楽しむことができます。

● 土ボタル

gaスクリングブルッグ国立公園のナチュラルブリッジには、土ホタルが生息しており、入り口から入って森の中をずーっと歩いていくと、土壁にたくさんの土ホタルが見えます。
森の一番奥にある洞窟の中に入ると、まるであのラピュタの洞窟のシーンのようです。
ゴールドコーストの中心地から車で1時間くらいの場所で入場料などもありませんので、ぜひ足を運んでみて下さい。感動します。